治療案内治療案内

鍼灸治療

当院の治療について

当院の治療は、中国医学の「弁証論治」に基づいております。
まず、患者さんの生活習慣などを問診し、顔色や舌、おなか、脈などを診て「証」を決定します。
これが「弁証」で、西洋医学では診断に相当します。
「論治」とは治療のことで、弁証で得られたデータを基に治療方法を決定します。
西洋医学のように症状だけを診るのではなく、体内のバランスを整えることに重きをおき、結果的に症状も緩和していきます。

鍼灸について

鍼灸治療は、東洋医学の一分野として、中国に起源を持つ我が国の 伝統的医療です。
鍼(はり)や灸(きゅう)と呼ばれる専用の治療道具を使用して、身体の表面にある「経穴」(ツボにあたる部位)や特定の筋肉・各部位などに対し治療を施し、症状の改善に効果をあげます。
鍼はステンレス製で、太さ0.1~0.2mm、長さ30~50mmで、経穴(つぼ)に刺入します。
また、刺入せずに皮膚に接触させる方法もあり、小児鍼として乳幼児の夜尿症、夜泣きなどに効果があります。
灸はもぐさを用いて経穴に熱刺激を加える方法で、直接皮膚にのせて着火させる直接灸と、もぐさと皮膚の間に緩衝材を入れる間接灸とがあります。

  • 鍼灸について
  • 鍼灸について

当院では、インフォームドコンセントのもと、症状や状態に合わせて治療法を考えます。

鍼灸が適応する病状

こんな病状にお困りの方、おすすめです。

WHO(世界保健機関)で以下の病気が適応であるとしています。

  • 神経系疾患

    神経痛・神経麻痺・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

  • 運動系疾患

    関節炎・リウマチ・五十肩・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

  • 循環器系疾患

    心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

  • 呼吸器系疾患

    気管支炎・喘息・風邪および予防

  • 消化器系疾患

    胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

  • 代謝内分秘系疾患

    バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

  • 生殖、泌尿器系疾患

    膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

  • 婦人科系疾患

    更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

  • 耳鼻咽喉科系疾患

    中耳炎・耳鳴・難聴・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

  • 眼科系疾患

    眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

  • 小児科疾患

    小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

痛み・感染について

まったく痛くありません。なぜなら、注射針と違い、細いからです。
太さは0.1~0.2mmで髪の毛程度です。
ツボには1~5mm程刺入しますが、ほとんど何も感じません。
また、小児の場合などは、刺入せず皮膚に接触させる方法で施術します。

また感染の心配もありません。
使い捨ての鍼しか使用しておりませんので、感染の心配はまったくありません。

お気軽にお問い合わせください。

03-3876-7146

診療時間午前9:00-12:00 / 午後15:00-18:00休診日日曜・月曜・祝日

〒111-0032 東京都台東区浅草3-9-2 ランドマーク浅草106

  • 言問ブログ
  • 患者様の声
  • 治療方針
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金表
 
9:00-12:00 / /
15:00-18:00 / /
休診日は、月・日・祝になります。

ページトップへ戻る