治療案内治療案内

舌診

舌診

舌は無数の毛細血管が集まっていて、全身の異変のサインが現れやすい場所です。
舌診は東洋医学の診察法の一つで、舌を診て体の不調をみつける方法です。
おもに内臓の状態が反映されるといわれていますが、あなたの舌はどうでしょうか?

1.色について

淡白舌
①淡白舌
舌の赤みが少なく白い舌です。血流量の減少や冷えをあらわします。
貧血気味の方、冷え性の方に多いです。


紅舌
②紅舌
赤い舌です。熱をあらわします。
風邪による発熱、食べすぎによる胃の熱、ストレス過剰の時などになります。


紫舌
③紫舌
紫色の舌です。
気や血の巡りが悪いときに多いです。
貧血気味の方、冷え性の方に多いです。


2.形について

胖大
①胖大
舌全体がはれぼったくて大きく、舌を出すと口幅いっぱいになります。
水分代謝が悪くなり発生することが多いです。
貧血気味の方、冷え性の方に多いです。


痩薄
②痩薄
舌が痩せて小さく、薄くなったものです。
気や血の不足をあらわします


裂紋
③裂紋
舌面に見られる裂溝です。
溝が多いものや深いものは病が重いです。


歯痕
④歯痕
舌の周りに見られる歯による圧迫痕です。
胖大が持続すると生じます。
体が弱っているときにみられます。


3.動きについて

①強硬
舌が板状となり、動きの悪いもので、ろれつがまわらず発音も不明瞭になります。
風邪、高熱など、何らかの病気があるサインです。
②痿軟
舌が弛緩して軟弱となり、外に出しにくいものです。
体の芯の疲れがあるとなります。
③歪斜
舌を出したときに、どちらかに曲がってしまう状態です。
脳卒中の前兆、風邪のときにみられます。

4.苔の質について

薄い苔
①薄い
正常の状態です。


厚い苔
②厚い
舌の色が分からない程ある場合は体内に邪気が多いことをあらわします。
暴飲暴食、むくみ傾向のときに多くみられます。


③剥落した苔
③剥落
苔が部分的に剥がれ落ち、境界が不明瞭なものです。
胃が弱っているときにみられます。

5.苔の色について

白い苔
①白
薄くて白いのは正常です。


厚い苔
②厚い
舌の色が分からない程ある場合は体内に邪気が多いことをあらわします。
暴飲暴食、むくみ傾向のときに多くみられます。
③灰
病が深く、水分の代謝が悪いときにみられます。

いかがでしたか?舌の状態は食習慣だけでなく、持って生まれた体質もあらわしていることもあります。
一度チェックしてみてくたくなったら、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。

03-3876-7146

診療時間午前9:00-12:00 / 午後15:00-18:00休診日日曜・月曜・祝日

〒111-0032 東京都台東区浅草3-9-2 ランドマーク浅草106

  • 言問ブログ
  • 患者様の声
  • 治療方針
  • 院長・スタッフ紹介
  • 料金表
 
9:00-12:00 / /
15:00-18:00 / /
休診日は、月・日・祝になります。

ページトップへ戻る